Music&Video

3秒でAimerの世界に引き込まれるBitter&Sweet

「Bitter&Sweet」は2012年に発売されたAimerのカバーアルバムである。インディーズ時代にiTunes Storeで配信し、ロングヒットしたカバーアルバム「Your favorite things」に6曲を追加しCD化した。選曲・アレンジ・表現力・歌唱力ともに素晴らしく、前...

ロックと和楽器との融合!和楽器バンドアルバム「八奏絵巻」

9月2日に和楽器バンドの2ndアルバム「八奏絵巻」が発売 9月2日に和楽器バンドの2ndアルバム「八奏絵巻」が発売された。ロックと和楽器との融合というコンセプトで華々しくデビューを飾り、一気にトップアーティストの仲間入りを果たした和楽器バンド。今回のアルバムにはシングルカットされ...

おすすめカバーアルバム 伴都美子「Voice」シリーズ

VoiceシリーズはDo As Infinityのヴォーカリスト、伴都美子が2005年の解散から2008年に再結成するまでのソロ活動期間にリリースした2作のカバーアルバムである。古くは坂本九の「見上げてごらん夜の星を」や、はたまた洋楽と様々な名曲の中から自らセレクトした形となっている。彼女の力強くストレートな歌声...

Charlotteで大人気How-Low-Hello「楽園まで/発熱デイズ」

アニメCharlotteで大人気How-Low-Hello「楽園まで/発熱デイズ」 9月2日にアニメCharlotteの中で人気を博しているアイドル西森 柚咲(にしもりゆさ)がボーカルを務めるHow-Low-Hello(通称ハロハロ)の曲が発売された。タイトルは「楽園まで/発熱デ...

一度歌声を聴いたら二度と忘れない歌手UA「KABA」カバーアルバム

一度歌声を聴いたら二度と忘れない歌手、UA。1995年のデビュー以来、「情熱」「雲がちぎれる時」といったオリジナル曲を発表し、天声の歌声を持つシンガーとして活躍している。そんなUAのデビュー15周年記念した企画の一つとして、2010年にリリースされたのが「KABA」である。タイトルの通り、UA本...

グレッグ・レイク&ゲイリー・ムーア「LONDON ‘81」アルバムレビュー

グレッグ・レイクがEMERSON, LAKE & PALMER解散後の1981年に行ったツアーの模様を収録した本作は、ラジオ放送向けに録音された音源が元になっている。長い間ブートレグで流通していたものが1995年にオフィシャル・リリースとなり、その後、様々な形で再発されてきた。今回は、同じ時期にニューヨー...

BETWEEN THE BURIED AND MEから見るプログレッシヴデスメタルの細分化

2015年7月、BETWEEN THE BURIED AND ME(ビトウィーン・ザ・ベリード・アンド・ミー)の3年振りのアルバム『COMA ECLIPTIC』が発売された。店頭販売においてはCDのそれより一回り大きい紙ジャケットが並び、往年のプログレッシヴロック――ヒプノシスによるデザインの―...

サカナクション未発表加えた新アルバム『懐かしい月は新しい月』

8月5日、サカナクションがアルバム『懐かしい月は新しい月 ~Coupling & Remix works~』をリリース。この作品は、未発表曲と過去に発売された曲のアレンジ・カップリングを含むコンセプトアルバムだ。 には、『Ame(A)』『もどかしい日々』など、シングルB面...

ジェフ・ベック(Jeff Beck)「LIVE+」アルバムレビュー

孤高のスーパーギタリスト、ジェフ・ベックが昨年に引き続きまもなく来日する。今回はパット・メセニーとのダブルヘッドライナーとしてBlue Note Jazz Festival(9/27 横浜赤レンガパーク)へ出演し、その前後に単独公演を東京(9/25)、大阪(9/28)で行うスケジュールだ。日本で...

BLACKMORE’S NIGHT「ALL OUR YESTERDAYS」アルバムレビュー

海外メディア向けのインタビューで、来年の夏にRAINBOWやDEEP PURPLEの曲をライヴで演奏する為のハードロック・バンドを限定的に復活させる、と宣言したリッチー・ブラックモアがBLACKMORE’S NIGHTとして新作アルバム「ALL OUR YESTERDAYS」を完成さ...

THE WHOの解散ツアー「THE WHO LIVE AT SHEA STADIUM 1982」レビュー

イギリスの三大ロックバンドとしてTHE BEATLES、ROLLING STONESと並び称されるTHE WHOが1982年に行った解散ツアーの映像「LIVE AT SHEA STADIUM 1982」がボーナス映像を加えオフィシャル・リリースされた。1978年にドラマーのキース・ムーンが他界し...

WARLORD CD+DVDボックスセットレビュー

長く入手困難な状態が続いていた、80年代のアンダーグラウンド・アメリカン・メタルを代表する伝説のバンドWARLORDの作品群がリマスターで甦った。今回、日本で紙ジャケ、SHM-CD仕様で再リリースされたのは「DELIVER US(悪魔の洗礼/1983年)」、「THE CANNONS OF DES...

ASIA XXX TOUR SAN FRANCISCO(ライヴ・イン・サンフランシスコ2012)

2006年にオリジナル・メンバーで再結成したASIAからギターのスティーヴ・ハウが脱退したのは2012年の暮れの事だ。80年代初頭の脱退はジョン・ウェットン(ベース、ヴォーカル)との確執が原因だったが、今回はYESの活動に専念する為という事で、良好な関係を保った状態での脱退となった。スティーヴ脱...

スティーヴ・ハケット「Wolflight(ウルフライト~月下の群狼)」

スティーヴ・ハケットの新作「Wolflight」いよいよ9/9に国内リリース 海外では今年3月に発表されていたスティーヴ・ハケットの新作「Wolflight」いよいよ9/9に国内リリースされる事となった。邦題は「ウルフライト~月下の群狼」で、ボーナストラック1曲と、紙ジャケットS...

FATE GEAR「A Light in the Black」アルバムレビュー

元DESTROSEのリーダーMinaの新プロジェクトFATE GEARがデビューアルバム「A Light in the Black」をリリースし、いよいよ活動を本格化させた。アルバム制作に参加しているのは、MinaとシンガーのNicoの二人のみ。ギターとヴォーカル以外のパートは、Minaのプログ...

アルバム「Time Stands Still」UNLEASH THE ARCHERS

カナディアン・メタル期待の新星UNLEASH THE ARCHERSが、3枚目のフルレンス・アルバム「Time Stands Still」で、ついに日本デビューを果たした。このバンドの特徴は何と言っても5オクターブとも言われる声域を持つ女性シンガーのブリトニーのヴォーカルだ。男性ギタリストが「グ...