HR/HMの聖地ともいえるイギリス、バーミンガム出身の伝説的ハードロック・バンド、MAGNUM(マグナム)が、19作目となるニュー・アルバム「Lost on the Road to Eternity」を1/31にリリースする。オリジナル・アルバムとしては「Sacred Blood “Divine” Lies(2016年)」以来で約2年ぶりだが、2017年1月に新録曲を含むバラード集「The Valley of Tears」(日本未発売)をリリースしているので、3年連続のアルバムとなる。1978年の1stアルバム「Kingdom of Madness」から4o年、バンド結成は72年まで遡るベテラン・バンドとしては驚くべきハイペースだ。

magnum

本作は、バンド結成以来不動のコンビ、ボブ・カトレイ(Vo)、トニー・クラーキン(Gt)を軸に、2001年から在籍するアル・バーロウ(ba)に、新メンバーのリック・ベントン(key)、リー・モリス(dr)というラインナップで制作されており、前作まで在籍したTHUNDERのドラマーとしても活動するハリー・ジェイムスと、80年代からのメンバーだったマーク・スタンウェイ(Key)は前作の後バンドを離れている。特に長きにわたり印象的なサウンドでMAGNUMの音像を作り出してきたマークの離脱の影響が気になるところだが、新加入のリックが良い意味でMAGNUMの世界観を引き継いでいる。古き良きMAGNUMワールドを維持しながら、ファースト・ビデオの“Without Love”では、新メンバーを迎えて躍動するバンドの姿がうかがえる。8分を超える“Welcome to the Cosmic Cabaret”やタイトルトラック“Lost on the Road to Eternity”など長めの曲が多くドラマチックなMAGNUMらしいハードロックに溢れたアルバムだ。ボブ・カトレイの憂いに満ちたエモーショナルなヴォーカルも健在だ。
なお、ボーマストラックとして、日本未発売のバラード集「The Valley of Tears」に収録されていた“Back in Your Arms Again”“Broken Wheel”が収録されている。

Lost on the Road to Eternity / MAGNUM

1. Peaches And Cream、 2. Show Me Your Hands、3. Storm Baby、4. Welcome To The Cosmic Cabaret、5. Lost On The Road To Eternity、 6. Without Love、7. Tell Me What You’ve Got to Say、8. Ya Wanna Be Someone、9. Forbidden Masquerade、10. Glory To Ashes、11. King Of The World、12. Back In Your Arms Again(bonus track)、13. Broken Wheel(bonus track)

関連作品